私達AMCは「企業の業績を向上させるためには、そこで働く人達が職場に満足し、最大のパフォーマンスを上げることである」と考えます。

企業にとって、戦略や技術も大切ですが、それを支える職場で働く人々が、最も大切な経営資源なのです。

「解かっている」と思われても、社会は「人は最大の経費」と考える米国型のマネジメントに傾斜し、抗う事の難しさがあります。

労働人口が減少する社会にあって、労使の垣根を取り除き、生産性を向上させる、そんな日本の新たな経営スタイルを目指す企業を、

私達AMCはサポート致します。

AMCは、法律(弁護士・社会保険労務士)、医療(医師・臨床心理士・保健師・看護師)、カウンセラー、コンサルタント、芸術等の様々な資格や専門性を持つ個人が、ニーズに応じたチームを編成してクライアントをサポートしています。

​・設立…2012年  ・所在…〒168-0072 東京都杉並区高井戸東3-9-10-704  ・連絡先…info@amano-office2.com

職場改善とメンタルヘルス改革を通じて、会社業績を飛躍的に改善したオリンパスソフトの事例です。(創元社)

企業のメンタルヘルス担当者向けのノウハウ書。具体的な事例とその対策を、小説仕立てで紹介しています。(日本法令)

全国社労士会連合会から委託された「社会保険労務士の業務が中小企業のコンプライアンス・業績・産業保健に及ぼす効果に関する研究」の調査報告。

大阪大学、産業医科大学、近畿大学とAMCの共同研究。

(社会保険労務士総合研究機構)

代表 天野常彦
●元 オリンパスソフトウェアテクノロジー代表取締役社長
●元 産業保健法学研究会 専務理事
●元 PWC シニアディレクター(部門統括)
●元 アーサーアンダーセン アソシエイトパートナー(部門統括)

1977年から外資系コンピュータメーカー、大手システムインテグレータにてシステム構築に従事。
その後、外資系コンサルティングファームにて経営管理に関するコンサルティングを担当し、2005年にオリンパスグループに転職、2006年から2012年までオリンパスソフトウェアテクノロジー社長を務める。
2012年10月より、天野メンタルコンサルティング代表。

2016年4月より、一般社団法人 社労士サポート協会 代表理事。また、「産業カウンセラー協会」の講師や、「社会保険労務士総合研究機構」の主任研究員などとしても活躍中。

・ 主な出演掲載に、NHK「Bizスポ」、テレビ東京「ワールド

  ビジネスサテライト」、朝日新聞、日経ビジネス、東洋経

  済、労政時報、安全スタッフ、他。

Cheer Up!

アクセス

〒168-0072 東京都杉並区

高井戸東3−9−10-704

 

電話

 03-5941-3898